医療求人の情報収集〜医療の資格はやっぱり強い!〜

医療求人のこれから

このエントリーをはてなブックマークに追加
医療分野の人手不足については、このサイトでも、三度か言及しています。
国家資格に関わる職種が多いため、未経験者が転職するには、敷居が高いものが多くなっています。
しかし、介護や医療事務においては、この限りではないですが、とりわけ、介護においては、低賃金という問題もあるようです。
この低賃金は、看護師などにも当てはまり、早急な改善が必要であることも否めぬ事実のようです。
しかし、医療求人が常時募集されている以上、どうにかして人を集め、そうして、少子高齢化社会に対応する必要があります。
それには、海外から人材を集める方法があります。
すでに看護師では行われているようですが、言葉の問題の解決が、まず先にあるようです。
ならば、日本が得意とする技術で、解決できないか、という指摘もあります。
特に、医療ロボットの応用が大事になるでしょう。
ロボット先進国でもある日本では、SFだけの話ではないようです。
かなり、技術も進んだようで、いずれは、いろいろな分野で、利用されるかもしれません。
すでに、お年寄りの面倒を見るロボットもあるようで、実験も行われているようです。
このようなことが当たり前になるかはわかりませんが、もしかしたら、21世紀の間に、実用化されるかもしれません。
いずれにせよ、医療業界は、今後の少子高齢化の進行と、すでに抱えている問題の両方に対処する必要があります。
それが、まさに万年人手不足であり、それをどうにかして解消する方向に行くことが、今後の重要な課題と言えるでしょう。

Copyright (C)2018医療求人の情報収集〜医療の資格はやっぱり強い!〜.All rights reserved.