医療求人の情報収集〜医療の資格はやっぱり強い!〜

薬剤師として働く

このエントリーをはてなブックマークに追加
治療は、医師に診てもらっただけで終わりとは限りません。
その後、患者自ら養生ともいえるものが必要となります。
しかし、医学的な処方も必要であり、それが薬となっています。
実際、薬を調合するのは、医師ではなく、薬剤師となっています。
このため、医療には、薬剤師も必要とされています。
そんな薬剤師になるには、医師と同様な過程を経ることになります。
つまり、大学の薬学部で学び、薬剤師国家資格試験に合格することです。
医師と同様、国家資格試験よりも、薬学部に入学する方が、難しいようです。
大学で薬に関する知識などを学ぶようになるからでしょう。
こんな薬剤師となって勤務するところといえば、薬局になります。
今では、全国展開している企業があり、そういうところに就職するようになります。
医療求人の中でも、薬局関連の企業が募集しているものが多々あります。
薬局であれば、処方箋に基づいた薬の調合でしょうが、それ以外にも、市販品の中には、購入者にきちんと服用の仕方を説明しなければいけないものがあります。
これもまた、薬剤師の知識などを活かせる仕事に思います。
また、医薬品メーカーへの就業も、薬剤師の主要な働き場所です。
しかし、近年では、医薬品製造を下請け企業が行う傾向があり、薬剤師として、そういう下請け企業に、敢えて就業する人も多々いるようです。
なお、薬剤師であっても、公務員などになっている人もいるようです。
あるいは、自分で薬局を開き、独立開業している人もいるとのことです。

Copyright (C)2018医療求人の情報収集〜医療の資格はやっぱり強い!〜.All rights reserved.