医療求人の情報収集〜医療の資格はやっぱり強い!〜

介護と医療事務

このエントリーをはてなブックマークに追加
医療の職種は、資格を伴うものがあり、他業種から転職することが難しいものが多々あります。
しかし、その中でも、介護と医療事務は、他業種からでも、十分転職可能なようです。
もっとも、介護にも、国家資格である介護福祉士がありますが、それでも、医療の中では、未経験者が就業しやすいものでしょう。
もちろん、医療求人でも、常時募集されています。
まず、介護になりますが、今では、民間企業も参入し、介護センターなどを運営しています。
特に、訪問看護においては、人手不足もあり、就業したい人にとっては、チャンスが大きいかもしれません。
ホームヘルパーの資格も必要なようですが、一定時間以上講義を受ければ、誰もが取得できるようです。
比較的取得しやすい資格のようです。
これは、介護分野自体、民間分野として、まだまだ開拓の余地を残している証拠かもしれません。
一方、医療事務は、その名の通り、医療にかかわる事務を行います。
企業事務と類似している点もあり、公的資格があるとはいえ、資格がなくても、就業できます。
そうだからでしょうか?
医療求人の中でも人気が高く、特に家庭の主婦が応募する確率が高いようです。
医療事務も病院での勤務が主流であり、自宅近所で勤められる可能性があります。
これもまた、家庭の主婦に人気がある理由のようですが、診療報酬の点数制を理解することで、メインである診療報酬請求書の作成が業務ができるとも言えます。
なお、介護にも、介護事務というものがあります。
医療事務と似ているため、医療事務から介護事務へ転身する人もいるようです。
ちなみに、介護保険では、自己負担が1割であり、残りの9割を施設などが請求することになります。
健康保険では、現役世代であれば、自己負担が3割となっています。
もちろん、医療事務では、健康保険が対象となります。

Copyright (C)2018医療求人の情報収集〜医療の資格はやっぱり強い!〜.All rights reserved.